フラッシャー 仕事

今の職場は仕事量が多すぎて残業ばかりで疲れた、そうお考えであれば、一つ働き方を変えるということはいかがでしょうか。

もし、職場が嫌なら少し前なら転職という選択肢もありましたが、今では働き方も多様化し、より多くの選択肢があります。

その多様な働き方をサポートしてくれるのが求人サイトです。

【大手だけでない、専門性の高い求人サイト】

ここで紹介したい求人サイトは誰もが知っている有名な求人サイトではありません。

ただ、専門性の高い例えばエンジニア系ならエンジニア系に特化したサイトがあります。

そういったサイトのメリットは仕事の検索方法がより詳細に検索できます。

例えば今までどういった仕事を担当してきたか、webディレクターであったり、フラッシャーであったりコーダーであったり、細かいところまで検索できるので、より希望にあった仕事を探すことが出来ます。

【雇用形態も様々】

登録されている雇用形態も様々で、正社員から派遣社員、案件のみの業務委託契約という働き方もあります。

業務委託契約は、案件ごとの契約でその単価が決められており、それが終わると契約も終わるというものです。

ですので、自分の時間を有効に使えるような働き方がしたいという方にとっては適しているかもしれません。

Posted in エンジニア | Tagged | Leave a comment

個人事業 起業

会社で働いていても、イマイチやりがいがない…自分の可能性にチャレンジしてみたい!そういった風に考えている人もいるかも知れません。そういった人にオススメしたいのが、「個人事業としての起業」です。これにより、あなたも一国一城の主となることができます。何を、いつ、どうするかも自分次第。自分の裁量で仕事を組み立てることができるといった反面、仕事に関する責任などはすべて自分にかかってくるようになります。こういったことも考えながら、しっかりと事業内容について考えていきましょう。

<個人事業の強み>
法人と個人事業は大きく異なります。もともとも仕事のキャパシティもそうですが、何をしているかといった面でも差別化を図ることも出来るでしょう。先方としては個人事業者に任せることで費用の大幅な削減につながります。そこでさらにスキル、能力のある個人事業主を見つければ、単価交渉などをしてでもキープしようとするでしょう。

<確定申告は確実に>
個人事業となると、今まで会社が行ってくれていた年末調整などを自分で行う必要があります。毎年、年が明けて二月半ばから三月半ばの期間になりますので、しっかりと申告をするようにしましょう。

Posted in エンジニア | Tagged | Leave a comment

エンジニア フリーランス

システムエンジニアという職業は、立場によってはとても多忙で
中堅クラスにもなると溢れる仕事で目眩がする程…という人も実は多いのです。

会社からも信頼させる年代にもなると管理職を任され、
部下への教育など仕事の責任者としての立場にもなり、
自分のための時間というのはほとんどないのが事実です。
システムエンジニアとしては、もちろん自分自身の技量の向上を図りたいものですよね。

中堅クラスにもなるとフリーランスのエンジニアになっても
十分生活していけるものです。 それなりの経験も実績もあります。
人材を欲している企業も責任者の地位まで上り詰めたエンジニアでしたら安心して任せますよね。

しかし、会社を辞めてフリーランスになるためには様々なことを事前に考え、
人生設計をしておかなければいけません。
例えば、中堅クラスになれば所帯持ちの人が多いでしょう。
自分のスキルで家族を養っていけるかは大事ですね。

そして、何より老後のことです。
フリーランスにもなると退職金もありませんから老後のやりくりが必要になります。

今の生活だけを考えて勢いでフリーランスに転身してしまうと失敗した…
という展開になることも十分考えられるので
しっかり足場を固めてから行動を起こす必要があります。

Posted in エンジニア | Tagged | Leave a comment

フリーエンジニア

フリーエンジニアとは、企業などの組織から独立した技術者のことを指します。
営業から発案、経理などを全部を自らでマネジメントし、
本当に完璧なエンジニアであると言えるでしょう。

フリーエンジニアは、昔から少数ではあるが存在しているのです。
しかし、近年になって景気の悪さが影響し、派遣会社を使って社員としてではなく、
フリーエンジニアとして働いている人が増えてきました。
完璧な独立型という訳ではないが、フリーエンジニアに近い状態で
働きたい人も実際多いのです。

最近は、社員の契約とその他の雇用契約の格差が昔ほどなくなったのが事実です。
企業が求めるのは、社員として働いてもらえる人材よりも能力のある
エンジニアに働いてもらうことなのでしょう。
どんな雇用形態であってもスキル、能力のあるエンジニアが居れば
会社にとっても大きな力になります。

もちろん、フリーエンジニアにとってもメリット、
デメリットは両方存在しますから社員と比べて損得がどちらにあるかとは言えないですね。

フリーエンジニアの一番のメリットは、自分の望む仕事が出来ることではないでしょうか。
人材派遣会社に委託すれば、自分のやりたいものだけ出来ることになりますね。
しかし、逆に仕事をする上で責任重大であることは確かです。
企業から求められる仕事にしっかり対応しなければいけませんし、
万が一ミスがあれば自分自身の責任になります。
フリーエンジニアとして働くには、強い思いと仕事に対しての高いスキルが求められます。

Posted in エンジニア | Tagged | Leave a comment